税務に関するお役立ち情報満載!

税務ニュース

  1. HOME
  • 2019.10.23

芸人の所得隠しニュース 2019/10/23

お笑いコンビチュートリアルの徳井義実氏が設立した株式会社チューリップが、東京国税局から平成30(2018)年までの7年間で約 12千万円の所得隠しと申告漏れを指摘されたと報道がありました。
任意調査の案件ですが、査察案件なみの報道がなされています。
税務調査情報の出所は不明ですが、年度や申告漏れ金額などの詳細まで報道されていますので、調査を行った側か、受けた側いずれかの関係者であることは間違いないです。
平成24(2012)年~平成27(2015)年の間については、会社で計上した個人旅行や洋服代、アクセサリーの私的経費2,000万円が否認されたようです。
これは、個人の事業所得の経費としていれば、事業関連性が認められる可能性はあったと思いますが、会社の経費としては社長個人の福利厚生費や接待交際費の位置づけとなりますから全額否認となります。
税理士に税務を依頼していないということはないと思いますので、安い会計事務所に外注した結果の経理ミスが原因の可能性があります。(もちろん、最終的な責任の所在は経理をチェックしていない会社の代表者にあります。)

 

平成28(2016)年~平成30(2018)年の3年間については、無申告で約1億円の申告漏れと報道されています。
無申告は、過少申告よりはるかに悪質であり、どういう理由があっても情状酌量できる余地はありません。
申告納税制度であるこの国の在り方を否定することになるためであり、申告納税制度に納得できないのであれば、選挙で法律を変えるしかないのです。
報道内容が真実であれば、所得漏れ金額、無申告という悪質な点からしても、査察案件、刑事罰の案件になってもおかしくないケースです。
吉本興業の他の芸人にも影響しうるケースですので、心当たりのある芸人さんは自主修正申告を早めに行うことをお勧めします。

 

法人、個人の確定申告についてご相談のあるかたは、お気軽に御茶ノ水(神田小川町)の大向税務会計事務所までお問い合わせください。
査察調査、無申告案件にも対応いたします。