税務ニュースBLOG

  • 2014.09.24
  • 法人の税金
  • 税務調査

脱税事件裁判-東京地裁判決 2014/9/24

近年、1件当たりの脱税金額が小さくなってきているなかで、2014(平成26)年9月24日、大型脱税事件の判決(2014年3月起訴分)がありました。
判決内容は以下のとおりです。

 

罰金:5,100万円(法人)
懲役:1年6ヶ月(執行猶予:3年)(元代表者:起訴時80歳)

 

要旨:
平成21~24年3月期まで4事業年度にわたり、総額約6億8,200万円の所得を隠し、法人税脱税額約2億487万円。
定期健診・採血検査収入を除外し、別会社からの預り金として処理することで売上除外し、数十社の社債の購入に充てていた。
決算期には、上記除外した売上のうち、任意に売上に振替する方法で利益調整を行った。
不適切・不当な経理処理であり、あからさまな売上除外に該当し、悪質である。
ほかにも、現金収入の除外、架空賞与の計上、固定資産水増しによる減価償却費の過大計上などがあり、悪質さを上塗りしている。

 

所感:
今回のように、元代表者と法人が起訴された場合、法人の現在の代表者も法廷に立つことになります。
裁判官が言うように悪質さが際立つ事案であり、情状酌量の余地がないにもかかわらず、よく執行猶予判決を得たなという判決。
執行猶予以外では、罰金の金額は5,100万円ということで、地方税、重加算税を考えると、相当なキャッシュアウトになることから、悪質さに着目した、厳しい内容の判決であったと思います。

 

今後、この法人が脱税の風評被害を最小限に抑え、経理体制、管理体制を構築し、適正な納税義務を履行し、日本経済の発展に寄与することを願っています。

 

 

税務調査・査察調査に入られ、面食らってしまった方、ご質問・ご相談のある方は、査察調査・税務調査対応を得意とする池袋の大向税務会計事務所へご連絡ください。

 

税務ニュース一覧