税務ニュースBLOG

  • 2022.10.02
  • 個人の税金
  • 法人の税金

非上場株式を高価売却する方法

非上場株式を高価売却する方法について。

 

非上場株式を高価売却する方法を考える人は、その会社に出資した本人ではなく、その相続人であることがほとんどです。

 

出資者本人(被相続人)にとっては、出資した金額がそのまま返ってくれば、それでいいという気持ちがあるかと思います。

出資が成功した場合、出資によるリターン以外のリターンを事業利益として得ている場合が多いためです。

 

ところが、その相続人となると話は別です。相続税という負担が生じるためです。

換金性のない非上場株式のために多額の相続税を支払うことになることは避けたいと相続人の誰もが思います。

 

こういった相続人の心理を背景に近年、この換金性のない非上場株式を買い取る業者が現れました。

会社法による株式の譲渡制限ルールの中で、譲渡承認をしないのであれば、自社で買い取るか、買い取り先を指名しなければならないとするルールを利用するものです。

会社にとって不都合な人間に売却する可能性があるということを示すことで、会社が時価(高い価格での時価交渉価格を業者が行う)で自社株式を買い取るケースがあることに着目したビジネスです。

 

相続人にとっては、まずが相続税の金額を試算して、相続税額以上の金額で会社に買取り提案すればよいと思います。

それ以上の高価買取は、被相続人の生前の遺志と現在の会社の状況を慮ったうえで判断するとトラブルは少なくて済むでしょう。

 

自社株を事業承継予定の子供に相続させたい方など、御茶ノ水の大向税務会計事務所までお問い合わせください。

 

税務ニュース一覧