税務ニュースBLOG

  • 2022.11.17
  • 個人の税金
  • 法人の税金
  • 税制改正
  • 税務調査

公平感への悪影響が危惧される税務調査事例

納税環境整備で国税庁が提示した公平感への悪影響が危惧される税務調査事例は下記のとおりです。

 

事例1:調査をするための接触を一切拒否

事例2:調査をするための接触を拒否したうえ、所在不明

事例3:調査時に資料の提示・提出を拒否・遅延される

事例4:確定申告ではなく、更正の請求にて仮想隠蔽することで、重加算税の賦課要件回避

事例5:高額所得をうっかり無申告にすることで、重加算税の賦課要件回避(無申告加算税の対象)

事例6:長期間の無申告で放置にすることで、重加算税の賦課要件回避(無申告加算税の対象)

 

こういった事例に対処するため、令和5年以降の税制改正で見直し対応が検討されています。

 

税務調査の対応は税理士によって大きく異なります。税務調査のご相談は、経験豊富な御茶ノ水の大向税務会計事務所までお問い合わせください。

 

税務ニュース一覧