税務ニュースBLOG

  • 2014.07.15
  • 個人の税金
  • 法人の税金
  • 税務調査

役員の賞与認定

税務調査の際に、経費等が役員の賞与として認定されると、法人税においても全額否認されます。
さらに、役員個人の賞与に対する源泉税の計上漏れとして、源泉所得税も納付しなければならなくなり、税負担が本税のみで6割を超す最悪のケースとなります。
この認定賞与を避けるためには、税務調査の際に、調査官に対して役員賞与として認定する根拠を確認し、その認定が合理的に推認できる事実に基づいて行われているか、議論することが大切となります。
たとえば、売上除外金の場合、その除外金の管理、消費の状態、流用の有無について、検討して反証していく必要があります。

 

詳しく知りたい方は、東池袋の大向税務会計事務所までお気軽にお問い合わせください。

 

税務ニュース一覧