税務ニュースBLOG

  • 2015.03.10
  • 個人の税金
  • 税務調査

マイナンバー銀行預金口座にも適用へ

平成27年3月10日の日本テレビ系のニュースによると、

 
「国民一人ひとりに番号をつけて行政サービスの効率化をはかるマイナンバーを銀行の預金口座にも適用する改正法案が10日、閣議決定された。
マイナンバー制度は国民一人ひとりに番号をつけ年金の支給や税金の納付などに利用する制度で、来年1月から導入される予定。改正法案では、2018年から銀行の預金口座にも利用者が同意すればマイナンバーが適用されることになる。
麻生財務相はマイナンバーが銀行口座に適用されることで、税金を公平に徴収できるようになることへの期待を示す一方、登録が義務ではないため、普及の度合いを見た上で2021年以降に義務化について検討する考えを示した。 」

 

とのことです。ここまでは当初予想どおりの展開で統治者側にとって順調に進んでいます。
問題はここからですが、おそらく役人によるマイナンバー上の悪用、IT管理上の弊害、個人情報の流出、中小企業の社会保険強制加入の徹底化による不満の高まりにより、
義務化まではたどり着けないのではないかと予想します。

税務ニュース一覧