税務ニュースBLOG

  • 2014.08.21
  • 税務調査

税務調査先の選定

効率的な調査と適切な指導によって申告水準の向上を図る目的から、法人の規模、申告内容、過去の調査歴から法人を区分分けし、税務調査対象会社の選定が行われています。
これは平成12年度までは、次の5段階の区分で管理されていました。
① 優良申告法人
② 準優良申告法人
③ 周期対象除外法人
④ 循環接触法人
⑤ 継続管理法人

優良申告法人ともなれば、調査というよりも「見直し」という程度の軽い確認が行われる程度で済みます。自身の会社の税務調査歴を見れば、いずれに区分されていたか想像がつくのではないでしょうか?
また平成13年度からは上記の5区分から3区分に変更となっています。

① 第一グループ法人
申告内容や納税実績が良好と判定された法人(優良申告法人)

 

② 第二グループ法人
第一、第三グループ法人以外の法人

 

③ 第三グループ法人
1 過去の一定期間に不正を行った法人
2 取引先等の不正に加担した法人
3 暴力団関係者が絡む法人
4 国税局又は税務署が重点調査業種に指定した業種に属する法人(バー、クラブ、パチンコ等)

 

第三グループに区分されている自覚がある場合には、税務リスクを最小限にするため、まずは、経理体制の強化を図り、税理士による定期的な税務監査を行うことを推奨します。

 

ご質問・ご相談のある方は、査察・移転価格調査対応の税理士、池袋の大向税務会計事務所へご連絡ください。

 

 

 

税務ニュース一覧