税務ニュースBLOG

  • 2021.04.05
  • 漁業税務会計情報

水産物の輸出情報 2021年2月実績

令和3(2021)年2月の水産物の輸出は次のとおりです。

<水産物全体>

4万トン

166億円

 

<冷凍サバ・イワシ>

1.8万トン

19億円

 

主力商品であるサバ・イワシが水産物の輸出全体の11%を占めています。

輸出先はベトナムやタイなどのアジア向けが中心となっています。

 

サバ・イワシは、中東アフリカにも積極的に販路を開拓しており、近年ではガーナに1.5億円水準で安定して輸出しています。エジプトやナイジェリアにもサバ缶、イワシ缶で輸出しておりましたが、コロナ以降は取引が低迷しているようです。

 

日本の人口は減少していますが、世界の人口は爆発中で食糧需要は旺盛ですので、日本の成長戦略には水産物の輸出販路の開拓が有効となります。ノルウェーのような水産輸出大国となるには、これからなにをしないといけないのかを検討し、硬直化している制度設計の見直しが必要です。

税務ニュース一覧