税務ニュースBLOG

  • 2014.08.16
  • 税務調査

客観的な仮装隠ぺいの事実と故意の立証

税務当局が、重加算税の賦課決定を行うには、「客観的な隠ぺい・仮装の事実」があれば、「故意の立証」は必要ないとされています。
逆にいえば、税務当局が主張する「客観的な隠ぺい・仮装の事実」に対して、客観性がない旨の反論ができる余地があると考えられます。

 

ご質問・ご相談のある方は、査察・移転価格調査対応の税理士、池袋の大向税務会計事務所へご連絡ください。

 

 

税務ニュース一覧