税務ニュースBLOG

  • 2013.03.04
  • 個人確定申告

特定口座と確定申告

株式の取引をする場合には、証券口座に口座を開設します。
①一般口座
年間の取引の損益計算を自ら行い、確定申告をする必要があります。
②特定口座(源泉徴収あり)
株式の売買ごとに証券会社が源泉徴収手続きを代行してくれ、確定申告不要。
③特定口座(源泉徴収なし)
年間の取引の損益計算は証券会社が行ってくれますが、確定申告をする必要があります。

②の場合でも、損失が出た場合には、譲渡損失の繰越控除の適用を受ける確定申告をすると、翌年以降3年間の株式の利益と相殺することができます。
詳しく知りたい方は、池袋の大向税務会計事務所までお気軽にご相談ください。

税務ニュース一覧