税務ニュースBLOG

  • 2013.03.25
  • 個人確定申告

日本版ISA

平成26(2014)年から、日本版ISA(アイサ;少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置)が導入されます。
現在は、株式譲渡益にかかる税率は軽減されて10%ですが、平成25(2013)年末で証券優遇税制が廃止され、税率が20%(+復興特別所得税)に引き上げられるため、日本版ISAが導入されます。
これは、1人年間100万円までの上場株式や投資信託などの配当や値上がり益を非課税にする制度です。(国債、社債、公社債投信などには投資できません。)5年間毎年活用することができ、最大500万円まで投資が可能となります。
6年目以降は、5年前に投資して非課税期間が終わってしまった資金を、毎年100万円まで再投資することができます。
平成26年から28年までの3年間に開設した口座(年間1人1口座)に限られ、非課税措置が受けられるのは、口座開設後10年間です。
ISAとは、Individual Savings Account(個人貯蓄口座)の略で、イギリスの制度に倣っています。

税務ニュース一覧